さくら美容外科

TEL:059-221-1500 LINEで24時間受付中

わきが・多汗症

わきが・多汗症

リバースカット法

ワキの皮膚に切れ目をいれて裏返し、 汗腺を実際に目で見て取り除きます。
他の人から指摘されるようなニオイを改善させます。
広範囲の方には2ヶ所切開法、 小柄な方には1ヶ所切開法がおすすめです。

注射による多汗症治療

ワキの皮膚にボツリヌストキシンを注射し、発汗の命令系統をブロックすることで汗の分泌量をおさえます。
約6ヶ月間わずらわしさから解放されます。

ボツリヌストキシン治療についてのご案内

2012年11月に「重度の原発性腋窩多汗症」に対してボトックス注射が保険適用となりました。当院におきましては、健康保険の取り扱いをいたしておりませんので、自費診療となりますことをご了承願います。

ボツリヌストキシン治療の主なリスク、副作用など

ボツリヌストキシン治療を行う場合、一時的に針を刺した箇所が赤くなることがあります。他の治療で使用される針にくらべ細いものを使用しています。 治療当日は少し違和感がありますが、時間の経過とともに減少します。 また、内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに気にならなくなります。

わきが・多汗症 手術料金表(税込)
リバースカット法
(女性)
¥220,000(1ヶ所切開)
¥264,000(2ヶ所切開)
リバースカット法
(男性)
¥330,000(1ヶ所切開)
¥385,000(2ヶ所切開)
注射による多汗症治療 ¥99,000(1回の注射分)

よく頂く質問

Q.匂いの程度は、自分では軽いほうだと思っていますが、衣類に匂いがついてしまいます。どんな治療方法がありますか?
A.自分では軽いほうだと思っていても、案外臭かったりするものです。
リバースカット法がもっとも実績のある術式でお勧めですが、ボツリヌストキシン注射で汗の量を減らすとか、ワキのムダ毛を脱毛するとか、デオドラントクリームを塗るとかして匂いにくくする方法もありますのでご相談ください。なお、手術前には皮膚炎を防ぐためにデオドラントクリームの使用はご遠慮ください。
Q.そんなに暑くないのに服の脇のところをみるとかなり濡れてて、しかも白い服がちょっと黄ばんでいます。やっぱりこれってワキガでしょうか?
A.はい、ワキガです。 人間の鼻は同じ臭いを長時間嗅いでいますと鼻が麻痺してしまうので自分では臭いを感じない事があります。
白い服に汗シミができる、遺伝による、耳アカが湿っぽい、ワキの下が黒ずんでいる、毛深い方などはワキガの可能性大です。
ワキガは決して恥ずかしいものではありません。
Q.ワキガの手術で、脱毛効果はあるのでしょうか?
A.リバースカット法という手術では、皮膚の裏にあるアポクリン汗腺(汗とニオイの元)を取り除く際に毛根も一緒に取り除かれますので、脱毛効果がみられます。
ただし毛根を取り除く手術ではなく、あくまでアポクリン汗腺を取り除くついでですので100%完璧に毛が生えなくなるわけではありません。
一層の脱毛を希望される場合は、当院おすすめの医療レーザー脱毛をどうぞ。
Q.手術や術後には痛みがあるのでしょうか?
A.転んだときの擦り傷みたいにジンジンとした痛みは、当日にありますが、痛くて眠れないほどはありません。もちろん痛み止めも処方させていただきます。むしろ安静にしようと心がけるあまり肩が凝る方がいらっしゃいます。
Q.学校の授業で体育もあるので、手術した後安静にするのが難しいのですが…。
A.夏休みや春休みなどに受けられる事をおすすめします。
手術後のワキの固定は約1週間です。勉強やデスクワークでしたら、当日から可能です。ただし、ワキを固定しておりますので腕を肩より高く挙げる動作が難しくなります。
学生の方は、夏休みや冬休みに受けられる事をおすすめ致します。お急ぎの場合は簡単に出来るボツリヌストキシン注射で一時的に汗を抑えるのが得策です。
また、さしあたりワキのムダ毛を医療レーザー脱毛してニオイの元を減らすのも一手ではあります。
Q.以前に他院でワキガの手術をしましたが、片方が最近また臭ってきました。再発した場合、再度手術することは可能でしょうか?その際の傷跡は?
A.再度、手術をすることは可能です。近年ではマイクロ波治療などの切らない手術を受けたが効果がなかったというご相談が激増しています。
前回の傷跡を利用して行えば、新しい傷は増えません。再手術は初回手術よりもはるかに難易度が高くなりますので形成外科専門医または美容外科専門医のもとで治療を受けられることが大切です。
Q.まだ小学生なのですが手術は行ってもらえるのですか?
A.ホントにワキガでしょうか?
よく親御さんが連れてくるケースがありますが、ワキガと別のニオイのことがあります。その場合は成長に伴い治ります。
原則として、女性で高校3年生の2月以降、男性はそれ以降にご案内しています。
Q.真冬の寒い時期などでもワキの下からの汗が止まりません。手術したほうがいいのでしょうか。
A.脳からワキに向かって汗を作りなさいというメッセージが送られるのですが、そのメッセージがたくさん出てしまうとそのような多汗症の状態になります。
その脳をコントロールしたいところですが、幸いワキの場合にはボツリヌストキシンを注射することで汗の量を抑えることができます。注射の効果は約半年です。その他塗り薬や飲み薬もありますので、医師と御相談される事をお勧めいたします。

<< 前のページに戻る

当院の予約システム

さくら美容外科では、診療時間内にお電話にてご予約の受付をしております。お名前、初診か再診か、ご予約内容、ご希望の日時をお知らせください。
お電話が混み合いつながらないことがたびたびあります。お手持ちのスマホのLINEアプリから“さくら美容外科”をお友達にするだけで24時間優先的にご予約を承ります。ご活用ください。